歌会始の儀 明るみてくる

美智子さん作、『望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな』についてですが、 直会が好きさんのお話によると、このお歌の他に月が二つ出てくるのがあるそうです。 百人一首の二十一番目、素性法師の「今こむといひしばかりに長月の有明の月をまちいでつるかな」えー来るっていったのに、待ちくたびれて明け方の月を見てしまったわという女性の立場の…

続きを読むread more